2020年04月23日

浜松で餃子をテイクアウト出来る人気のお店 丸和商店



浜松で餃子をテイクアウト出来る人気のお店と言えば「丸和商店」

1.丸和商店の餃子とは?


丸和商店の餃子(以下丸和の餃子)は生タイプもしくは冷凍タイプです。
なので家に持ち帰ってあとにフライパンで焼いて、
アツアツの餃子を食べることが出来ます。

丸和の餃子生タイプ.JPG


2.人気の秘密は?



@美味しい
丸和の餃子はボリューム満点で美味しい。
餃子と言えば、どうしても欲しくなる適度なこげ。
丸和の餃子は、皮が厚いため、
しっかりと焼くことが出来き、
ジューシーな理想の仕上がりになります。

丸和の餃子出来上がり.JPG

たれは、購入時にお好みに合わせて3種類から選ぶことが出来ます。
 ・ラー油入りしょう油ダレ(辛口)
 ・酢じょう油ダレ(甘口)
 ・みそダレ(甘口)

A安い
生タイプ、冷凍タイプ共に
56個で1000円です。
スーパーの冷凍食品の餃子に比べると、
各段に安い価格設定になっています。


3.丸和商店はどこにある?



丸和商店は、浜松市西区大久保町にあります。
近くには、イオン志都呂店、春華堂のうなぎパイファクトリーがあります。

買いに行く際には、前もって予約をすることをお勧めします。
人気があるため、平日の午後に行っても売り切れていることがあります。

住所:   静岡県浜松市西区大久保町2689
定休日:  毎週日曜/月曜
営業時間: AM 9:30〜 PM 6:00
電話番号: 053-485-0456



→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 11:26 | Comment(0) | 浜松餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

浜松のお土産 うなぎパイ




浜松のお土産の定番といえば、
うなぎパイ」です。

1.うなぎパイとは?


うなぎパイは、ウナギの骨から取った出し汁を粉末にしたものを、
パイ生地に練りこんで焼いた洋菓子です。
春華堂から発売されています。

うなぎパイには、プランデーが入っている
「うなぎパイVSOP」があり、
通常のうなぎパイより少し値段が高く設定されています。
高級感があり、目上の方のお土産にもいいですね。

うなぎパイ袋.jpg

うなぎパイ.jpg


2.うなぎパイはどこで買える?


うなぎパイは浜松ではいろいろなところで買うことができます。

春華堂の各店舗でも販売されていますが、

新幹線など浜松駅を利用された方は、
浜松駅構内の新幹線のりばの向かいにある
ギフトキオスク浜松”で購入可能です。
ここでは、うなぎパイの他にも様々なお土産を購入することができます。

また、車で来られた方は、
遠鉄ストアやイオンで買うことができます。
遠鉄ストアは、浜松に店舗がたくさんあるスーパーです。
どこの県でも、スーパーでは
その地方の特産品を手頃な価格で買うことができます。


3.うなぎパイはネットで買えるの?


2020年にうなぎパイがネットで転売されていることが問題になりました。
現在、うなぎパイは下記春華堂のホームページにて、
『うなぎパイミニアニバーサリー』のみ購入することが出来ます。
詳しくは、春華堂オンラインショップをご確認ください。


4.うなぎパイの人気の秘密は何?


株式会社ネオマーケティングが行った
全国の20歳以上の男女1000人を対象に
「お土産お菓子」をテーマにしたインターネットリサーチでは、
うなぎパイが、白い恋人に次ぐ堂々の2位に入っていることから、
既に、全国区で人気が定着していると言えます。

私が、うなぎパイをお土産として選ぶのには
いくつかの理由があります。

@軽い

うなぎパイは、パイ生地で作られているので、
饅頭など他のお土産に比べると軽いため、
長旅で持ち歩く際には苦になりません。

A適度に甘い

うなぎパイはチョコレートやあんこのように甘くないため、
甘いのが少し苦手な女性の方や、年配の方向けのお土産としても
気兼ねなく選ぶことができます。

B消費期限が短くない

うなぎパイは、生モノではないので、
消費期限をそこまで気にする必要がありません。
よって、帰省の前に購入しておくことや、
友達が来る前に購入しておくことが可能です。

5.どうやって作っているの?



浜松市西区大久保町にある春華堂のうなぎパイファクトリーでは、
うなぎパイの製造工程を見学することができます。

うなぎパイがどのように出来あがるのかを
窓越しに見ることができます。

うなぎパイ工場5月.jpg




参考)
春華堂
ウィキペディア うなぎパイ
はてなキーワード うなぎパイ



→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 22:03 | Comment(0) | うなぎパイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

楽器の街浜松のお土産にハーモニカという選択




1.ハーモニカのお土産とは?



浜松では、珍しいハーモニカを浜松駅のお土産店で買うことが出来ます。
その名も”ミニハーモニカ”。
名前の通り、ハーモニカの全長は約35oと通常のハーモニカに比べ小さく作られています。
小さいにも関わらず、ドレミファソラシドの8音をしっかり奏でることができる立派な楽器です。

ミニハーモニカ.jpg

このハーモニカを作っているのは、
昭和22年からの老舗”昭和楽器製造(株)”。
その造りのすばらしさと、珍しさもあり、
浜松商工会議所が認定する浜松地域ブランド”やらまいか”の
伝統工芸品の分野で、
この昭和楽器製造の”復刻版ミニハーモニカ”が登録されています。

今回私が購入したのは、
形と色の綺麗さが目をひいた
ミニハーモニカ はまな湖の風”。

実際に吹いてみると、
驚いたことに本当にハーモニカの音色がします。
(疑っていたわけではないですが・・・)

自分の持っているハーモニカと大きさを比べてみると、
ミニハーモニカの小ささがわかります。
この小さい箱の中に同じ構造物があると考えると、
どういう中身になっているのか、
中を覗いてみたくなってしまいます。

ミニハーモニカ比較.jpg

キーホルダーのタイプ以外にも、
ストラップやネックレスなどのタイプも購入することが出来ます。
私は、キーホルダータイプの箱に入った商品にしました。

箱を開けると、持ち運び時に箱の中でハーモニカがずれないように
スポンジでしっかり固定されていました。
仕事が実に細かく、こういうところに
造り手のハーモニカへのあつい思いを感じます。

ミニハーモニカ箱.jpg

ミニハーモニカ箱入り.jpg

小さい箱の中に細かな技術が凝縮したハーモニカ。
細かな職人技を必要とする
まさに”MADE IN JAPAN”の一品です。


2.なぜ浜松は楽器の街?



@世界でも有名な楽器メーカーがいくつもある。
浜松には、ヤマハ株式会社、河合楽器製作所、ローランド株式会社の本社があります。
そして、ピアノ、ギター、ドラムなどが生み出されています。

浜松駅の新幹線構内には、
エスカレータを降りる手前にピアノが置かれており、
浜松を訪れる人に、
浜松が楽器の街、そして音楽の街であることを印象付けています。

A1年を通していくつもの音楽イベントが開催される。
1年を通じて、屋外吹奏楽などのコンサートが開催されています。
10月頃にはハママツ・ジャズ・ウィークが開催され、
たくさんのジャズファンが浜松を訪れています。
また、市民が中心となって運営している
”やらまいかミュージックフェスティバル”もあります。

B楽器博物館がある。
浜松駅から歩いていくことが出来る場所に、浜松市楽器博物館があります。
世界中のたくさんの楽器が置いてあり、楽器の歴史、構造を学ぶことが出来ます。


3.ハーモニカのお土産はどこで買える?




浜松駅構内のギフトキヨスク浜松などで購入することが出来ます。
※販売店の詳細は、昭和楽器製造の販売店案内に記載されています。

また、昭和楽器製造のホームページでは、ネットでの購入も可能となっています。

ギフトキヨスク浜松の地図





参考)昭和楽器製造(株)

→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 11:04 | Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

餃子購入金額ランキング 2019年の日本一は?

総務省の家計調査で公表されたが2019年の餃子の一世帯当たりの年間購入額は、
浜松市が一位でした。

産経新聞より


浜松市が二年ぶりに日本一の座に輝きました。

浜松市の年間購入金額は、3,501円で、
二位の宇都宮市(3,242円)との差は、259円です。

全国的に有名な”浜松餃子”。
家でもたまに浜松餃子を食べています。
生餃子を買って帰って、家で焼いて食べます。

浜松のスーパーの餃子コーナーには、
いろいろなお店の浜松餃子が並んでいます。

売っている餃子は、皮の厚さや、中に入っている具の量、使っている具材など、
商品によって違いがあります。
私は、皮が薄くて、しっかりと肉が入っている餃子が好きです。

最近は、子供の食べる量も増えて、
餃子の焼く量が増えてきました。

おかげ様で、餃子を焼く作業がだんだん板についてきました。
焼き加減を左右するのは、入れる水の量と火加減。
水の量を入れすぎると、皮がべちょっとなる。
水の量が少ないと中に火が通らないうちに皮が焦げてしまいます。
水の量はフライパンの大きさや、皮の厚さにもよりまが、
自分は全体の餃子の下側が水に浸かる程度です。
皮が薄い場合は、水は少ないほうがいいですね。

商品によっては、水が不要の餃子もあります。

DSCF2414.jpg

後はもやしを添える。
あっさり味のもやしは、
餃子との相性抜群です。 
→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

浜松市西区にあるうなぎパイファクトリー

浜松のお土産といえば・・・
春華堂のうなぎパイ

うなぎパイがどのようにして作られるのか?

浜松市大久保町にあるうなぎパイファクトリーでは、
うなぎパイの仕込みから始まり、
梱包されるまでの一連の流れを実際に見ることができます。

休日は、大型バスで来ている観光客の方もいて
混雑しています。

入口には春華堂のキャラクターのうなくんがお出迎え。

うなぎパイ工場1.jpg

1Fでは自動化されたラインの中で、
オーブンで焼かれ、砂糖を塗られ、
だんだんと完成していくうなぎパイを見ることができます。

2Fに上がると、完成したうなぎパイを袋で包み、
検査工程を経て、箱に入れられるまでの様子を
2Fから見下ろす形で見ることが出来ます。

また、2Fではうなぎパイがつくられるまでの説明を
見ることができるスクリーンや、
カフェも併設されています。

人の大きさ程のうなぎパイと記念撮影も可能。
ちなみに金色のうなぎパイは、
ブランデーが入った大人向けのVSOP。

うなぎパイ工場2.jpg

こんなところまでうなぎ!

うなぎのてすり.jpg

最後は春華堂のいろいろなお土産を買う場所があります。
かなりごったがえしていますが・・・

ちなみに来場者には、粗品として無料でうなぎパイがもらえます。

うなぎパイお土産.jpg

浜松の名物、うなぎパイ。

このうなぎパイ工場もまた、浜松の観光地として定着しています。

工場見学は、
お土産がどのように作られるかを知ることで、
土産話にも使えます。

参考)うなぎパイファクトリー



→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎパイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

まるたやのチーズケーキ

浜松で大人気のチーズケーキがある。

浜松市中区にあるケーキ屋さん
まるたや洋菓子店”のチーズケーキである。


お店にあるケーキは昔ながらの
ショートケーキやモンブランなどを扱っており、
懐かしい感じのするケーキ屋さんです。

人気の秘密は、
ベースのクッキーとチーズケーキの原料にあるようです。

■クッキー
『まるたや』特製あげ潮クッキーを用い、
香ばしさ、サクサク感を出しています。
このあげ潮クッキーもまた、ちまたで人気のクッキーになっています。

■チーズケーキ
チーズケーキには国内産中沢乳業のサワークリームと、
デンマーク産のクリームチーズを使用している。

このサワークリームとクリームチーズを
1つのケーキとして仕上げることで、
濃厚なのに、後味さっぱりの味を実現している。


このチーズケーキ、
今までに沢山の雑誌で取り上げられており、
ある雑誌では、
世界で一番おいしいチーズケーキ
と紹介されたとのことです。

私自身、いろいろなチーズケーキを食べたことがないので、
なんとも言えませんが、
このチーズケーキは、確かにおいしいです。

サワークリームとクッキーがあっさりしているのに対して、
クリームチーズがすごく濃厚です。
この濃厚さが、一口一口に、贅沢感を感じさせます。

また、私だけでなく、たくさんの方がおいしいというのですから、
味は間違いないのだと思います。

値段は、チーズケーキの相場より少々高めですが、
食べる価値アリです。


参考)
チーズケーキのまるたや洋菓子店


→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 02:26 | チーズケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

浜松のバームクーヘン

浜松市内にあるバームクーヘンの専門店「治一郎」は、
とても有名です。

パサパサ感のない
しっとりとした味わいは、
飽きがなく
いくつでも食べることが出来ます。

最近は、いろいろなところで
バームクーヘンのお土産を見ることがありますが、
この治一郎のバームクーヘンは、
結構昔からあり、有名です。

お祝い事で、治一郎のバームクーヘンを贈ることがありますが、
大好評で、リクエストを受けることもしばしばです。

お勧めです!

参考)
治一郎のバームクーヘン
→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 20:03 | Comment(0) | バームクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

浜松で直虎土産と言えば何を買おうか?

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎
時は戦国時代。徳川四天王の一人井伊直政を育てた
遠州は井伊谷の領主 井伊直虎の物語です。

舞台は浜松。
浜松に住んでいる身としては、
このドラマ、
すごく身近に感じます。

現在、浜松ではいたるところに
「直虎」の”のぼり”が立てられており、
なかなかの盛り上がりを見せてます。(笑)

さて、こうなると浜松のお土産としても、
今年は、定番のうなぎパイやお茶ではなく
直虎土産」を選びたいところです。

大河ドラマの中では、
南渓和尚の小林薫が寺(龍潭寺)で
”みそまん”っぽいのを食べていました。
(あの色はたぶん”みそまん”だと思います・・・)

DSCF1618.jpg

ドラマの舞台である浜松市北部の奥浜名湖では、
みそまん(みそ饅頭のこと)と呼ばれる和菓子があります。
この地域のみそ饅頭は、黒糖を含んだ小麦粉の皮で黒あんを包んでいます。

浜松で有名なみそまんと言えば、
以前紹介した奥浜名湖の”みそまん物語”
です。

味、色、形などいろいろな”みそまん”を楽しむことができます。


また「直虎」放映に合わせ、うなぎパイの春華堂からは、
”田舎みそまん”直虎限定パッケージ
が発売されています。
既に”テレビ静岡”でも紹介されているようです。

直虎みそまん中身4.jpg

他のみそまんとの違いは皮。
ザラメ糖により表面がでこぼこしています。
二つ上のみそまんの写真は、別のお菓子屋さんのみそまんです。
表面がつるつるしてます。
このでこぼこが柔らかなボリューム感を出すとのことです。

確かに、噛んだ時に黒あんに到達するまでの皮の食感は、
実にふんわりしており、
ぐっと詰まった黒あんの食感とのコントラストが
すごく良いです。

パッケージングは、井伊の旗印「井」の文字と
井伊の赤備えを意識したと思われる色彩。
なかなかおしゃれ。

直虎みそまんパッケージ.jpg

値段は6個入りで712円。
家族でおいしく頂ける数です。
一個で結構なボリュームです。

直虎みそまん中身.jpg

浜松では、
他にもいろいろと「直虎土産」が出ています。
これからどんどん試していきたいと思います。



→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

天皇陛下もお買い上げ ふる里の”しそ”と”こしあん”が絶妙にマッチ

浜松の銘菓”ふる里”。

浜松の和菓子屋さん”ふる里”の
銘菓”ふる里”を食べてみた。

ふる里箱.jpg

しっかりとした梱包の中に、
さらにラップで包まれていたのは、
紫蘇で巻かれたこしあん。

ふる里中身.jpg

パッと見ではわからない表面の紫蘇。
いまだかつて、紫蘇が巻かれた饅頭など食べたことがなかった。
紫蘇の葉は炊き上げられているため、
かなりやわらかく、こしあんの食感を損なわない。

桜餅の場合、塩付けされた桜の葉を食べるのか?取るのか?
で意見が分かれることがあるが、
ことこの”ふる里”に関しては、意見が分かれることはないと思われる。

また中にあるこしあんは、上品に甘く、実においしい。

そして、紫蘇とこしあんの風味が絶妙に合う。

紫蘇と言えば、紫蘇ジュースがヘルシーで世代を問わず大人気。
自分も小さいころから祖母の作った紫蘇ジュースを堪能してきた。
このふる里を食べた時、
その酸味の効いた味を思い出し、懐かしさを感じた。

さて、
ふる里のホームページによると、
この和菓子は、過去に天皇陛下もお召しになり”おいしい”と言われたとのこと。
また、数々の賞をもらっている。

少し贅沢な気分にさせてもらえる浜松のお土産である。

※浜松駅のキヨスクでも購入可能

参考)菓匠 ふる里総本家

→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

浜松は治一郎のしょこらラスクがうまい。

バームクーヘンで有名な治一郎
季節限定で発売されている
治一郎のしょこらラスク”を食べました。

DSCF2938.JPG

このラスク、
シュガーを散らしたパンではなく、
チョコメインのラスクです。
染み込んだチョコの量がいい具合に
パンの硬さを和らげていて、
非常に食べやすいです。

また、周りを囲んでいるチョコクランチが
今までにない感覚の食感でした。
ただ、食べていると
チョコクランチがぽろぽろ落ちますが。

DSCF2944.JPG

自分はチョコが好きなので、
普通のラスクよりは、こちらのほうが好きです。
また、完全にチョコで囲まれているものよりも、
食べる場所によって、チョコの量が違っており、
一口一口の変化を楽しむことができます。

大変おいしいラスクだと思います。

箱も大変おしゃれ。

治一郎のラスク箱.jpg

治一郎のしょこらラスクの購入はこちら


→浜松のお土産を自宅で注文したい場合はこちらから(楽天市場)


posted by hamaten at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする